はり・灸・マッサージ おおつか治療院 *

はり・灸・マッサージおおつか治療院

おおつか治療院トップページ おおつか治療院の治療方針 はり・灸・マッサージの料金、おおつか治療院へのアクセス おおつか治療院へのご予約 定期更新ではり・灸・マッサージ、東洋医学のコラムを掲載しています。 はり・灸・マッサージ、日常の健康管理で皆様から寄せられるよくある質問集 お気軽にご質問ください、適切なアドバイスをさせて頂きます。 おおつか治療院のサイトマップ、探し物が見つかります。
* *
* はり・灸・マッサージコラムタイトル一覧
* * *



鼻 * 目
* *
肌・美容 * 肩
* * *
首・のど * *
* * ヒジ
臓器 * 腰
* * *
*
* ヒザ
*

不調な個所をクリックしてください

*
* *



* *
* * *
* *



■ コラム: 子供の野球肘を防ごう


野球肘とは
投球動作時や打球動作時の痛み(主に投球動作時)および自発痛、腫脹、伸展・屈曲・回内・回外時の運動障害(制限)、脱力感、雑音などがあります。

野球肘の特徴
  • 投げた後、肘の内側が痛い---→上腕骨内上顆炎
  • 肘の内側が常に痛い---→内上顆の剥離骨折
  • 動かすと音がする---→関節軟骨損傷
  • 肘が引っかかり外側が痛い---→離断性骨軟骨炎
  • 肘の後ろが痛い---→上腕三頭筋炎
*痛みが続き、痛みが増加するときは専門家に診断を必ず受けてください。

野球肘が起こる仕組み
投球動作をすると肘の部分の親指側の方には強い圧迫がかかり、小指側の方には強い牽引力がかかります。 それらの度が過ぎると、圧迫がかかる方は、軟骨部分が磨耗して骨棘(きょく)が壊れ、いわゆる関節ねずみが出来ます。 牽引力がかかる方は、上腕骨と尺骨をつないでいる尺側の側副靭帯の断裂を招き、時には剥離骨折を伴うこともあります。 このような仕組みで肘の障害は起こります。

チェックポイントで危険信号をつかむ
投げすぎによる故障を未然に防ぐ方法があります。指圧で簡単なチェックが出来ます。
  1. 前腕の屈曲筋の付け根の腱を親指で押さえてみて、痛みがあれば赤信号。すでに『野球肘』 か「野球肩」に発展する可能性があります。
    ・・・肩を休ませること。アイシングストレッチでしばらく様子を見て、痛みがなければ投球を再開する。

  2. 肩峰(肩の側面)、上腕二頭筋と大胸筋の付け根(肩の前面)、棘上筋棘下筋(肩の後方)、 小円筋の各ポイントを押して、痛みを感じたら、症状は『野球肩』であり、投球を中止したほうがいいです。
    ・・・肩峰(けんぽう)以外を「腱板筋群」と総称するが、この部分に裂傷を負ってしまうと簡単には治らない。

一般的に、『野球肩』は肩の前か後ろに問題を起こすポイントがあります。ほとんどぼんやりとした痛みであることが多く、常に押圧でチェックしておく必要があります。

選手の肩痛の見分け方
1キロ程度のものを手に持って、ゆっくり肩から上に上げます。正常なら、そのままあがるのですが、 異常があると上まで上がらないか、体を後ろに傾けながらあげます。そうすれば上がっているように見えますから。 これでチェックしてみてください、上まで上がらない子どもは投球禁止にしてください。


野球肘の予防
  • 投球後、肩と肘を冷シップする
  • 投球後のストレッチの実行
  • 投球フォームのチェック
  • 投球数の制限
ピッチャーの一週間の投球数の目安
小学生・・・200球以内
中学生・・・350球以内
高校生・・・500球以内

高校生で、もう少し多く投げさせたいときは、1イニング20球として、3イニング60球投げた後、休憩を取って3イニング投げる、休憩、3イニング投げるという方法をとって下さい。

*変化球の投球禁止
*定期的に体力測定と発育障害のチェック
*痛みがあれば早期に診察を受ける
痛いということは関節内に炎症がおきているため。体からの信号ですので辛抱はしないこと。
痛い部位があればその部位を動かす運動を繰り返しておこなわない。

鍼灸で復帰を早めよう
  • 競技前
    • スポーツ障害の予防
    • 筋の運動条件の改善(柔軟性、血行等)・血流改善・筋緊張の緩和
    • 筋の運動機能の向上
    • コンディションの調整
    • 筋および全身状態の調整
  • 競技後
    • スポーツ障害の治療
    • スポーツによる筋疲労の改善
    • 疲労による筋の過緊張と疼痛出現の予防
    • 全身疲労の改善
    • コンディションの調整(全身状態の調整)
  • 鍼灸の主な効果
    • 鎮痛
    • 消炎
    • 筋緊張の緩和
    • 筋血流の改善(筋疲労の改善・柔軟性の改善)
    • 疲労の改善
    • 臓腑、身体諸器官の機能調整(全身状態の調整)
*医学的治療と鍼灸以外の方法
スポーツマッサージ・ストレッチ・アイシング・温熱療法と鍼灸を同時に併用すると効果が上がります。 



「ここをこう変えたほうがいい」「ここをもう少し教えて」「これはどうするの?」など ホームページを少しででも皆様の役に立つようなものに育てるために皆様のご意見ご要望、アドバイスを下さい。
*お名前欄はペンネームでも結構ですが、内容によっては返信を差し上げる必要があるのでお名前とメールアドレス欄を必須項目にしています。ご記入漏れないようにご注意ください。
 *お名前  
 *メールアドレス   
 (再入力)

 お問合せ内容本文:


内容に間違いがないか再度ご確認の上送信ボタンをクリックしてください。


* Copyrights Otsuka All Rights Reserved
等サイトに関するご意見・ご質問、治療に関するお問合せはこちらか等サイトに関するご意見・ご要望
治療に関するお問合せ
はこちらから



はり・灸・マッサージ
おおつか治療院

香川県高松市高松市中野町2-7
Tel : 087-861-2030 Fax : 087-861-2030


*